カレイの投げ釣りで根がかりを避ける方法

まずは底質を把握しておきたい

 底質の見分け方はこちらのページ(カレイの投げ釣りポイント)で紹介しましたが、まずは底質を見極めて釣りをする方が根がかりを避けやすいです。

 初めていくポイントであれば、まずは底質を調べるために引き釣りをするのもオススメです。

少しでも根がかりを回避する仕掛け

 一番根がかりを回避する方法でオススメなのは下のような胴付き仕掛けにする方法です。

 通常のカレイ仕掛けはこちらのページで紹介しています。

カレイの胴付き仕掛け

 根がかりはハリが引っかかる場合もありますが、実は重りの部分が引っかかることも多いです。

 通常のカレイ仕掛けの場合は重りが引っかかると、重りより下にある仕掛け(ハリやハリスなど)も全て持っていかれてしまいますので、重りが引っかかってもそれ以外の仕掛けが残るように胴付き仕掛けにするとロストも減らせます。

ジェットテンビン

 ただ、胴付き仕掛けは投げ竿でフルスイングはできません。理由はやってみると分かりますが、キャスト時にエサが千切れたりしやすいのでキャストには注意が必要です。

 また、遠投すればするほど根がかりしやすいので、根がかりしやすいポイントでは距離を稼ぐよりも釣りやすい底質の箇所で釣りをするのもオススメです。

ハリ元を工夫して底から離す

 ハリの元にシモリ玉を入れて針と底とがこすれにくいようにするのも1つの工夫です。

シモリ玉

 シモリ玉の色によってはカレイに向けてのアピール力アップにもつながる狙いもありますので、ある程度は有効な手段だと思っています。

 ただ、エサ取りが多い日にはアピールしすぎると逆効果ということもあるのでご注意を。

根がかりじゃなくてヒトデにやられる場合

 意外と苦戦することもあるのがヒトデの影響です。

 しばらく仕掛けを置いてからアタリを確認してみようと思うと、すでにヒトデにエサが取られてしまっているなんて経験をしている方は多いはずです。

ヒトデの影響

 ポイントのヒトデの多さにも影響されるとは思いますが、仕掛けを放置する時間が長すぎることが原因です。

 そのポイントに”カレイが絶対いる”という核心がある場合はそれも仕方がないことですが、いるかいないかよく分かっていない場合は、同じポイントに仕掛けを放置しておくのは得策とは言えません。

 最低でも10~15分おきに、仕掛けを数メートル引いたりしてエサを移動してやることが大切だと思います。

Page top icon